コラーゲンやヒアルロン酸などが少なくなり皮脂の分泌も減る

年齢を重ねてくると気になってくるのが“毛穴のたるみ”フェイスラインはもちろんですが、小鼻や頬の毛穴が強く主張してきます。とくに頬の毛穴のたるみは全体の肌質を粗くみせるため老けた印象に。メイクしたときはキレイでも洗顔後、毛穴を埋めていたファンデーションやコンシーラーが落ちるとぽっかり空いた毛穴にがっくり……。頬の毛穴のたるみは「加齢による皮膚のコラーゲン減少」や「乾燥」が原因です。

年を重ねると皮膚の角質層にあるコラーゲンやヒアルロン酸などが少なくなり、皮脂の分泌も減るので皮膚の水分保持力が弱り乾燥しやすくなるんです。頬の毛穴のたるみは一度開くとなかなか改善されないので、気になったら早めに対策するのが得策!頬の毛穴のたるみについて私が実践して効果的だったのが「化粧水の付け方を変える」「顔ヨガ」の2つです。

それまではお風呂上りに水分補給をしてから~など化粧水をつけるまでに時間が空いてしまっていたのですが、肌の水分蒸発を防ぐため5分以内に付けるよう改善しました。化粧水はまず全体につけ、頬の部分だけ手のひらで押し込むように重ね付けします。擦らないように注意しながら何度か重ね付けし十分に保湿するのがポイントです。そして美容液→乳液の順でケアして終了!これだけですが毎日続けることで皮膚の水分を蓄える力がアップして乾燥しにくくなりました。顔のくすみもとれ、頬の毛穴たるみも目立たない状態に。次に顔ヨガ。

目・眉毛・口を全開にした後、今度は開いた目・眉毛・口を顔の中心に寄せる(すっぱいものを食べた顔をイメージ!)この動作を2~3回繰り返します。顔の表情筋が鍛えられることで全体のたるみが改善され、頬の毛穴のたるみも目立たなくなります。以上の2点が頬の毛穴のたるみについて私が行って効果的だった方法です。時間がかからず、とても簡単なのでよかったら試してみてくださいね!