靴が入らなくなった!

妊娠中はよく足がむくみ、とくに夕方になると足がパンパンになることもあったのでストレスを感じていました。こむら返りすることもあり、とても大変です。なので、普段履いていた靴がきつくなったので、緩めのサンダルやスリッポンを履くようになったり、妊娠後期になると足のむくみが以前より増してかなり進んだので、このままではちょっとまずいな〜と思うようになり、散歩へ出かけたり、マタニティヨガをするようになって色々と楽しく活動することにしました。

体がスッキリすることが妊娠中はあまりなく、けっこう体のむくみなどもあり、とくに妊娠中はよく足がむくみがあるので足がパンパンになって、今まで入っていた靴が入らなくなったり、トラブルも多々ありました。ちょっと歩くと膝が痛くなったり、妊娠後期はけっこうお腹も大きくなったので、動くのもやっとといった感じになるので、けっこう大変です。膝の肉は落とす情報が少なく、どんどん付いてしまうし。。

前屈みするのもお腹が大きくなり負担が大きいので動きずらくなるので、お風呂掃除も難しくなってきました。

やはり無理せず過ごすことが大切なので、妊娠中はよく足がむくみ、歩くのが厳しい時はゆっくり休むなど体をいたわるようにしました。他は適度な運動も必要なので、マタニティヨガや水泳などゆっくりとマタニティ時代に楽しめるような講座へ参加して色々と体を動かしながら気分転換しつつ楽しむようにしていました。快適な時間になるので、妊娠中も色々大変でしたがリフレッシュできました。